TAKUMI ロゴ 匠マーケティング
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4-16-7-304
サイト内検索:
Facebook
 
新しい価値の創造を、お客様と共に。

コラム

《 戻る

2018-04-23  [0061] プラットフォームの課題

連日のようにFacebookの個人情報が不正利用された問題に関するニュースが出ています。
日本でも、昨年から今年にかけてメルカリやコインチェックで起こった問題が、大きな社会的問題へと発展しました。
これらの共通点は、ITを利用したプラットフォームです。

個々の問題については、ここでは触れませんが、今回はプラットフォームについて、新しいビジネスモデルという視点で意見を述べたいと思います。

まず、プラットフォームですが、「仕組みの基盤」を意味します。
尾原和啓氏の著書「ザ・プラットフォーム」(NHK出版)から拝借すると、「参加者がいて初めて価値を持ち、また参加者が増えると価値が増す」仕組みです。
IT以外でもプラットフォームは従来から存在し、例えばクレジットカードもその内の一つと同氏は説明しています。

社会に受け入れられる正当な新ビジネスモデルの構築は、「性善説」が前提で利便性、合理性、苦労や障害の解決を追求して生まれます。
また、法規制や倫理、文化の尊重に対しても、起こり得る問題や課題も、完璧ではありませんが、事前に解決して管理できるよう、仕組みの中に組込まれているはずです。
特に、プラットフォームでは情報が命ですので、情報管理については常に細心の注意を払って対処していることと思います。

しかし、犯罪や不正、倫理的問題といった「性悪説」の想定には限界があり、これらが発生した度に、教訓として一つ一つ誠実に対処し、当局や社会と共に解決して顧客の信頼を回復していくしか方法がないと考えます。
そして、再び顧客から学んで協働や協創を地道に行っていくしかありません。

特に、破壊的イノベーションとなる新しいビジネスモデルでは、法規制が追いついていないことが多いのも現実です。

かといって上記3社を養護しているのではありません。

各プラットフォームには改善の余地が多数ありますが、この先も猛スピードで、様々な分野で新たなビジネスモデルが生まれ、発展していくことでしょう。

例えば、A社とB社がコラボレーションの一環で、両社それぞれの情報を共有してビジネス機会を創出することも増えてきますし、昨年の改正個人情報保護法も後押しする可能性があるかもしれません。
今後、個人情報管理は今以上に複雑化することでしょう。

ビジネスモデル構築や仕組み作りを業務として携わる、「マーケティング」に従事している身としては、こうしたニュースを見て改めて身が引き締まります。

最後に、新モデル構築の際には、しっかりとした理念、ビジョン、ミッションを持つ、或いは再確認することが、非常に重要と考えます。
特に想像を超える大きな問題が発生した際は、改めて理念、つまり原点に立ち返って前へ進まなければならないからです。

そして、「誠実」であり続けることも一旦失った信頼回復には欠かせません。


----------------
<関連コラム>
[0038] IoTプラットフォームについて
 http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=40
ホーム | コンサルティングサービス | セミナー・勉強会開催情報 | サービス開始までの流れ | ダウンロード | 会社概要 | お問い合わせ
個人情報の取扱いについて | サイトマップ
Copyright © TAKUMI Marketing Office, All Rights Reserved.