TAKUMI ロゴ 匠マーケティング
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4-16-7-304
サイト内検索:
Facebook
 
新しい価値の創造を、お客様と共に。

コラム

《 戻る

2018-02-19  [0052] 競争回避の事例紹介

前回、競争回避の要素について述べましたが、今回は身近な例を挙げたいと思います。

先日妻が眼科へ行った際に偶然発見したとのことですが、あるタワーマンション(以下、タワマンと略します)の1フロアに様々なクリニックが集まっている話を聞きました。
私も期せずして同じ興味を持っていたため、このタワマンへ行ってみました。

整形外科、内科、耳鼻科、眼科、薬局に加え、託児所が1フロアにあり、ロビーを共通の待合場所にし、TVモニタで各クリニックの混雑状況が表示され、まるで病院にいるような感覚になりました。
また、別フロアには歯科もありましたので、日常でかかる診察科がほとんど揃っています。
普段タワマンへ行く用事がありませんし、そもそも病院には健康診断や予防接種以外で行くことがないため、こうしたビジネスモデルを見て新鮮味を覚えました。

次に、別のタワマンへ行くと、数こそ少なかったですが、2フロアで内科、内科(人工透析)、矯正歯科、薬局、そして訪問介護事務所があり、タワマンは医療系も充実していると感じました。

一方、私のウォーキングコースにも2箇所あり、一つの建屋に内科、整形外科、皮膚科、歯科、薬局が、別の敷地では内科、歯科、薬局がそれぞれ入っており、こうしたビジネスモデルもあるんだなぁ、と興味を持ちながら通っていました。

上記のように、個人経営で競合しない弱者同士が集合化することで、合理化を図るのみならず、強者である病院機能のような類似した仕組みを作ることも、競争回避の好事例の一つかと考えます。

こうした日常でかかる医療機関の集合化で、他に皮膚科、小児科、婦人科或いは女性専用クリニック等もあると、更に便利になるのかな?と思いました。
加えて、健康維持促進のお店もあれば、病院との差異化が更に進むと思います。

では、競争に巻き込まれている(と思われる)事例も併せて紹介します。
自宅から最寄り駅まで約700m(徒歩8分)ですが、自宅から半径700mにある病院や医院、各種クリニックの開業数を調べると、約40箇所もありました。
加えて歯医者は20箇所以上あり、思っていた以上の多さにビックリしています。

また、同エリアにはドラックストアが6箇所あり、日々熾烈な価格競争を強いられているように感じます。
そのせいか、突然閉店してしまうチェーン店もあります。
医療機関と同様に価格競争が比較的少ないと思われる調剤薬局ですが、病院・医院・クリニックに併設されていることが多いためか、20箇所強ありました。

同エリアの人口は、「人口統計ラボ」情報から考慮すると、2万人程度と推定していますが、何故こんなに多いのか、不思議に思います。

人口統計ラボ: https://toukei-labo.com/


----------------
<関連コラム>
(1) [0051] 競争回避の要素
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=53
(2) [0053] マッピングツール利用のすすめ
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=55
ホーム | コンサルティングサービス | セミナー・勉強会開催情報 | サービス開始までの流れ | ダウンロード | 会社概要 | お問い合わせ
個人情報の取扱いについて | サイトマップ
Copyright © TAKUMI Marketing Office, All Rights Reserved.