TAKUMI ロゴ 匠マーケティング
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4-16-7-304
サイト内検索:
Facebook
 
新しい価値の創造を、お客様と共に。

コラム

《 戻る

2017-11-30  [0041] シェアNo1製品には、どんなメリットがあるのか?

今回はシェアNo1製品にはどのようなメリットがあるかについて述べたいと思います。

私の経験を述べますと、シェアNo1製品のメリットは以下のとおりでした。
(1) 大きな利益が得られ、コストリーダーになることができる。
物量効果や物流効果、営業効率アップが表れますので、トータルコストリーダーになることができます。
つまり、価格競争力が生まれ、結果として大きな利益が生まれます。
ここで言う大きな利益とは、業界の平均を少なくとも上回るという意味です。

(2) 情報量が圧倒的に多くなる。
買い手側が対象製品の購入を検討するとき、一般的にシェアNo1製品に注目して機能、性能、仕様、市場価格を調査する心理が働くものです。
つまり、引き合いの確率が圧倒的に高まります。
また、買い手側は同時に、他社比較も心理的に行いますので、その結果、競合情報も自ずと入ってくることから、様々な対策を打つことができます。
更に、業界内の新動向や、競合他社動向等の情報も、買い手側の意見として入手しやすくなります。

(3) 買い手側によってネームバリューを与えられ、選択率(購買確率)が上昇する。
シェアNo1製品が注目されるということは、買い手側からの認知度が上昇することを意味します。
そして●●と言ったら▲▲製品というように、ネームバリューを与えていただくことによって、当該製品の選択率(購買率)がグッと上昇します。
つまり、「好循環」が始まり、更に効率の良いシェア拡大が期待できるようになります。

(4) 業界構造を、ある程度制御できる。
業界内で、市場動向や技術動向、価格構造が、比較の対象として「基準扱い」とされますので、自ずと制御機能が働きます。

以上の理由から、シェアNo1製品は、事業の安定化に貢献します。

一方、シェアNo1製品による、リーダーとしての役割は何でしょうか?
買い手側と良好な関係を維持するために、私は以下の継続的な努力が必要と考えます。
(a) 「総市場規模の拡大」、つまり周辺需要の拡大と市場の活性化を図る努力。
(b) 買い手側から見た、適切な「価値」と「販売価格」のバランスの維持や、「新たに適格な価値提供」を行う努力。
(c) 「安易な価格下落競争」に乗らない努力。
これは、需要と供給のバランス維持を意味します。

では、「どのくらいのシェアを圧倒的シェアNo1と呼べる状況なのか?」については、次回のコラムで述べたいと思います。


----------------
<関連コラム>
(1) [0042] シェアNo1の数値的条件
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=44
(2) [0043] オンリーワンとNo1
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=45
ホーム | コンサルティングサービス | セミナー・勉強会開催情報 | サービス開始までの流れ | ダウンロード | 会社概要 | お問い合わせ
個人情報の取扱いについて | サイトマップ
Copyright © TAKUMI Marketing Office, All Rights Reserved.