TAKUMI ロゴ 匠マーケティング
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4-16-7-304
サイト内検索:
Facebook
 
新しい価値の創造を、お客様と共に。

コラム

《 戻る

2021-08-19  [0174] 「言語化」の重要性

せっかくのアイディアを人にうまく説明できず、頭を開いて見せることができたらどんなに楽か、なんて思ったことはありませんか。
思考が言葉にできていない状態を表している典型例ですが、今回はその背景を少し考えてみたいと思います。

ある書籍によると、「9割以上の人が、自分の考えを人に伝わるような言語化ができていない」と言います。

そもそもアイディアを始めとした頭の中にあるものは、イメージや映像がほとんどですので、そこから言語化できるまでには更に時間を要します。
ところが、日々の忙しさに追われて言語化させるまでの作業に時間が取れない、或いはある程度の形はできても、言語化までに至らない。
そうこうしているうちに、忘れてしまって次のテーマへと進んでしまう。

時代の流れや仕事をしていく上ではやむを得ない部分もありますが、それではいつまで経っても言語化させるスキルが身につきません。
したがって、日ごろから訓練や経験を積んでいく必要があります。

例えば私の場合は、経済ニュース等による「新情報の探索」や、スキルのブラッシュアップや新手法の習得による「新たな学びの獲得」に加え、読書による「より良い言葉や表現の模索」を行うことで言語化の訓練を日々行っています。

また、現在の仕事を始めるにあたってまず行ったことは、時間をかけて自身の経験や考えを「書き出した」ことでした。
この「書き出す」行為こそが言語化への第一歩となりますが、何も机上でのみ行うものではなく、メモ帳をポケットに入れて常に持ち歩いていれば、いつでもどこでも言語化ができます。
(録音や録画では文字による見える化ができないことから、あまりお勧めしません。)

コラム題材も常に探していますが、今回のコラムも電車の中でふとひらめいたことを、その場でメモ書きして言語化させました。

コンサルは「言語化」が生命線と言っても過言ではなく、ときにはクライアントの方々が言語化できていないイメージを代弁したり導いたりすることも多々あります。

あるイメージを言語化させるための方法の1つに、「対比化」があり、次の4つの視点で構成されます。
(a) 対極: 物事の反対を行く (例: 2軸思考, *1)
(b) スライド: 一歩隣にスライドさせる (例: ずらし効果, *2)
(c) ニュートラル: 対極の中間を行く (例: 3択目の用意, *3)
(d) 俯瞰: 一歩引いて全体を客観視(鳥瞰)する(*4)

2軸思考は物事を4つに分けて整理する方法で、メリハリ化(*5)やLMCW(*6)のように対極となる要素を比較することで、他者と異なる方法や他者の逆を行く方法の模索とか、情報の整理整頓等を図る方法です。

このように、対比化させることで視点が変わり、新たな考えが浮かびやすくなって言語化がしやすくなります。

人はゼロから何かを新たに生み出すことはできなく、必ず既存の組合せによって新しい価値を生み出すものですので、既存との対比によって短時間で言語化させる方法も有効ではないかと捉えています。


*1: コラム[0071]参照
*2: コラム[0122]参照
*3: コラム[0109]、[0168]参照
*4: コラム[0123]、[0156]参照
*5: 「取り除く、減らすと付け加える、増やす」の4点を、同時に行うこと。
*6: やらないこと(Limit)、すべきこと(Must) 、できること(Can) 、やりたいこと(Want)。
  コラム[0152]参照。


----------------
<関連コラム>
(1) [0071] 2軸思考のすすめ
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=73

(2) [0122] 視点を少しずらして(ビジネスを)考えてみよう
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=126

(3) [0109] マーケティングでNo Ideaは罪!
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=112

(4) [0168] OJT、OFF-JTに加えたニュートラルの重要性
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=173

(5) [0123] 目的と手段の区別
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=127

(6) [0156] なぜ、自問自答が必要なのか
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=161

(7) [0152] 「やらない」ことを定めて実行する勇気
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=156
ホーム | コンサルティングサービス | セミナー・勉強会開催情報 | サービス開始までの流れ | ダウンロード | 会社概要 | お問い合わせ
個人情報の取扱いについて | サイトマップ
Copyright © TAKUMI Marketing Office, All Rights Reserved.