TAKUMI ロゴ 匠マーケティング
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4-16-7-304
サイト内検索:
Facebook
 
新しい価値の創造を、お客様と共に。

コラム

《 戻る

2020-04-01  [0126] SDGsとマーケティング

今日から新年度を迎えた企業も多いと思いますが、年度初めの社長の言葉に「SDGs」という単語が出てきた企業が増えてきたのではないかと推測します。

経済ニュースでも昨年あたりから頻繁に出てくるようになりましたので、今回触れてみたいと思います。

まず、SDGs(*1)ですが、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」を意味します。
そして「地球上の誰一人、取り残さない」ために「世界を変革する」ことをコンセプトとした、「17のゴール、169のターゲット」から構成された2030年までのアジェンダです。

背景には、物欲や営利を求めるだけの経済成長が、いずれ限界を迎えることから、これまで以上に「環境コスト」や「社会コスト」を重視していく動き。

つまり、企業にはCSR(企業の社会的責任, *2)といった従来の社会貢献活動に加えてSDGsの考え方も本業に組み込み、収益を上げると同時に、社会や地球環境の改善にも直結するビジネスモデルが求められ始めたということになります。

参考までに17のゴール(*3)のカテゴリーを大まかにまとめますと、
 ・撲滅(貧困/飢餓)
 ・充実化(健康/福祉/教育)
 ・平等/公正/平和(人/国/ジェンダー)
 ・安全(水/トイレ/住居/町)
 ・保護(クリーンエネルギー/陸海空)
 ・上昇(労働意欲/経済成長/技術革新)
 ・責任(つくる責任/使う責任)
 ・協働(目標達成)
といった非常に多岐に渡る諸問題や対策です。

SDGs活動については国連や外務省でも述べられておりますので、下方のリンク先も参照ください。

では、これらをどのようにして経営へ反映していくかですが、基本コンセプトとして環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)を軸としたESG経営を目指すという考え方があります。
ESG経営という考え方自体は90年代に生まれたそうですが、今回のSDGs活動で今まで以上に注目されるようになりました。

ESGを行動指針や長期ビジョンとして掲げるために、シンプル且つ明快、そして具体的な言葉に落とし込み、社員全員への浸透活動を行って活動の底上げを行います。

次に、どのように自身の事業に反映して(直結させて)いくのかという点に焦点が移りますが、ここでマーケティング機能が具体的な活動を計画することになります。
企業毎でその事業活動内容、貢献分野、行動指針、SDGs活動優先順位が異なりますが、活動概念としては、例えば、CSV(共通価値, *4)マトリクスという2軸思考のフレームワーク利用があります。
ここで言う共通価値とは、「経済」と「社会」の双方の価値を指します。

横軸を経済価値、縦軸を社会価値として各軸を高低で具体的活動をプロットする方法です。
2軸の左下面はコンプライアンス厳守を原点として設定し、右下面を純利益追及(PPP, *5)、左上面をCSV、そして右上面をCSVにそれぞれ設定し、現在の事業活動の各項目を最終的にCSV面へと移行させていく、或いはCSV面での事業活動を新たに構築していくという考え方です。

一方、個人ベースでも公私に渡って即活動を開始することが可能です。
私達一人ひとりができることとして、「17のゴールを常に意識して行動すること」、つまり、「その行動、社会課題を解決できるのか?」と自問自答してみることです。

以上、今回は少し抽象的な内容となってしまいましたが、SDGsについてマーケティング活動への反映方法について紹介しました。


*1: Sustainable Development Goals

*2: Corporate Social Responsibility

*3: 「貧困をなくす」「飢餓をゼロ」「全ての人に健康と福祉を」「質の高い教育をみんなに」「ジェンダー平等を実現」「安全な水とトイレを世界中に」「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」「働きがいも経済成長も」「産業と技術革新の基盤をつくろう」「人や国の不平等をなくそう」「住み続けられるまちづくりを」「つくる責任使う責任」「気象変動に具体的な対策を」「海の豊かさを守ろう」「陸の豊かさも守ろう」「平和と公正をすべての人に」「パートナーシップで目標を達成しよう」

*4: Creating Shared Value

*5: PPP: Pure Pursuit of Profit


国際連合広報センター 2030アジェンダ
https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

外務省 JAPAN SDGs Action Platform
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

----------------
<関連コラム>
(1) [0099] 企業活動とマーケティング
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=102

(2) [0071] 2軸思考のすすめ
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=73

<ご注意>
本コラム記載内容は、マーケティング活動の発展を主眼としており、固有の政府や団体・企業等の推奨や宣伝を行っているものではありません。
また、本コラム記載内容は、発信日時点の情報です。
以上をご承知ください。
ホーム | コンサルティングサービス | セミナー・勉強会開催情報 | サービス開始までの流れ | ダウンロード | 会社概要 | お問い合わせ
個人情報の取扱いについて | サイトマップ
Copyright © TAKUMI Marketing Office, All Rights Reserved.