TAKUMI ロゴ 匠マーケティング
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4-16-7-304
サイト内検索:
Facebook
 
新しい価値の創造を、お客様と共に。

コラム

《 戻る

2019-08-22  [0104] カップ焼きそばとポテトチップのその後

コラムを一時休止している間に、これらの情報がアップデートされていたため、今回のコラムに掲載することを楽しみにしていました。
世の中はお盆明けで、まだ休みモードから抜け切れていないと思いますので、一息ついてこのコラムを読んでいただければ幸いです。

では、まずカップ焼きそばから始めます。
「大盛りいか焼きそば」が突如生産終了という、私にとって衝撃なニュースが3月末にありました。
この記事を見て、コラム[0072]の主題となったこの商品がなぜ、当時マーケティング的に無謀なイベントをやったのかが、少し見えてきました。

<「大盛りいか焼そば」が撤退せざるをえない実状
 売り上げは「U.F.O」の1割程度に過ぎなかった>
(19-3-31付 東洋経済ONLINE)
https://toyokeizai.net/articles/-/273942

最後のチャレンジだったのか、それとも最後のひと花を咲かせるためだったのかは不明ですが、どちらにせよ、あの味を味わうことができなくなるのは非常に残念です。
そして、直接的な原因かどうかは分かりませんが、少なくとも商流戦術を誤り続けた結果が、売上やシェアの下降へと導いてしまい、最終的に撤退にまで至ったことが、要因の一つであることは否めません。
(上記記事では別の意見を述べていますが。)

しかし一方では、最近様々な新商品のカップ焼きそばを見る機会が増えてきました。
元々カップ麺市場でのカップ焼きそばが占める割合が10%程度と記憶(データソースは忘れました)していましたが、なぜこの小さい市場の中で新商品がいろいろと出ているのか疑問に感じていたところ、「油そばの流行にあやかっているんじゃぁないの?」と妻がアッサリ。
推測の域を超えませんが、何がともあれ、カップ焼きそば市場が活発になると、うれしい次第です。
それと、大盛りいか焼きそばも、期間限定や地域限定でも良いので、将来、復活していただけるとありがたいと思います。


次は、ポテトチップのお話です。

<40〜50代がなぜポテチ? 湖池屋「じゃがいも心地」>
(19-4-3付 日経ビジネス)
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00022/032900010/

上記記事でこの商品を知って食べてみましたが、確かに衝撃を覚えました。
同品のコンセプトである、「野菜としての芋のおいしさを楽しめる食べ物」を思う存分感じることができ、ある種の感動を覚えたのです。
「野菜度合い」「サクサク感」「食べ応え(厚みとボリューム感)」「油分」「味」のバランスが非常に良い。
一方、後日これまでの定番(シェアトップ2社)を食べると、「しなしな感」を覚えざるを得なくなり、「あれっ、今まで食べていたポテトチップは何だったの?」と思ってしまうほどでした。
(とは言うものの、定番だけあって、これまでと同様に「やっぱりこれダ」と感じることでしょう。)

コラム[0075]と[0076]で述べた、マーケティングとしての3つの課題「販売チャネル」「ポジショニング」「ラインアップ」を全てクリアしており、確かに人気が出るのは分かります。

まず、ポジショニングでは「野菜感」と「高級感」を前面に出し、ラインアップでは「厚切り」と「味」を追求、加えてSNSによる「口コミ」(これは自社では制御できない流行性)によって、期間限定品から格上げして販売チャネルを拡大(コンビニ等)したといった現象へとつながったと言えると考えます。

今更ですが、ブルーオーシャン戦略の重要要素の一つに、訴求力のあるキャッチコピーがありますが、同品で言えば、「野菜感ポテチ」といった短いフレーズでドシドシPRしていくと、もっと消費者に分かりやすいかもしれません。

ところで、コラム[0075]で紹介したポテトチップの「オープン開発会議」結果に対する新商品が発売されたそうですので、私も食べてみたいと思います。

<[報告]1000の声から生まれたポテトチップス新商品>
(19-8-7付 日経ビジネス)
https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00009/080500003/


最後に・・・、いわゆる職業病とでもいうのでしょうか、もし自身がマーケティングに従事していなかったら単純に「スゴく美味しい」だけで済むと思うのですが、いろいろと考えたり調べたりしてマーケティングにつなげてしまう昔からのクセには、何だか悲しいサガにも感じてしまいます。


<ご注意>
本コラム記載内容は、マーケティング活動の発展を主眼としており、固有企業の推奨や宣伝を行っているものではありませんので、ご承知ください。

----------------
<関連コラム>
(1) [0072] 復刻版のカップ焼きそばを食べて思ったこと
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=74

(2) [0075] 準定番のポテトチップについて (その1)
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=77

(3) [0076] 準定番のポテトチップについて (その2)
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=78

(4) [0050] ブルーオーシャン戦略を考える
  http://www.takumi-marketing.jp/column.cgi?id=52
ホーム | コンサルティングサービス | セミナー・勉強会開催情報 | サービス開始までの流れ | ダウンロード | 会社概要 | お問い合わせ
個人情報の取扱いについて | サイトマップ
Copyright © TAKUMI Marketing Office, All Rights Reserved.